東京の人気出張パーソナルトレーニングを比較!

東京の出張パーソナルトレーニングのトレーナーの特徴

    

トレーナーの特徴を活かしたトレーニング

 

 

最近、注目を浴びている出張パーソナルトレーニングですが、パーソナルトレーナーの特徴にはどのようなものがあるか、ご存知でしょうか?
東京にも数多くの出張パーソナルトレーニングが存在していますが、その内容も個性もバラエティ豊かです。
一流アスリートから、初心者まで幅広く対応している会社もあれば、シニアに特化したシニア専門の会社もあります。
あるいは、ジュニアやキッズに向けたエクササイズを用意したところもあれば、老人ホームに出張し、入居者に向けてさまざまな運動を指導してくれるところもあります。

 

 

トレーナーの特徴

当然ながら、それぞれの会社や対応している内容により、専属のトレーナーの特徴も異なってきます。
ただ共通して言えることは、指導する専門分野の資格を持っていたり、経験や知識が豊富だったりするトレーナーが多くいるということです。
ちなみに、日本では資格がなくてもパーソナルトレーニングの指導はできます。
しかしながら、国際ライセンスであるCSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)や、NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)などの資格を持っているプロフェッショナルが、出張パーソナルトレーニングには数多くいます。

少し専門的になりますが、たとえば、CSCSとは、傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格で、チーフトレーナーなどが持っていることの多い資格です。

また、NSCA-CPTは、クライアントの健康と体力のニーズに対して、評価、動機づけ、教育、トレーニング、コンディショニングなどの指導を行う専門能力を持つ人材を認定する資格です。

CSCSの指導対象は、主にアスリート、スポーツチームで、筋力トレーニングなどの指導だけでなく、施設を運営、管理することも職務になっています。
また、栄養、ドーピング、生活習慣の指導なども行います。

NSCA-CPTの資格保持者は、アスリートのみならず、年齢・性別・経験を問わず、幅広い層に対してトレーニングを行うため、トレーニングの知識だけでなく、医学、運動生理学の専門知識とトレーニングの指導技術を持っています。

トレーナーの特徴を活かしたトレーニング

そんな国家資格を持つトレーナーのいる出張パーソナルトレーニングは、安心かつ説得力があると言えますが、それ以外でも会社によって、さまざまな専門分野の資格や経験を持つトレーナーは大勢います。

たとえば、加圧トレーニングのインストラクター、アスリートフードマスター、理学療法士、全米ヨガアライアンス、鍼灸按摩マッサージ指圧師、高等学校教諭一種免許(保健体育)、日本体育協会アスレティックトレーナー、日本赤十字社日赤救急法救急員、日本サッカー協会ライセンス、食育インストラクター、心理カウンセラー、看護師・・・など、挙げていけばキリがないほどです。

適材適所ではありませんが、そういったさまざまな資格や得意ジャンルを出張パーソナルトレーニングに活かし、トレーナーは丁寧に指導してくれるというわけです。

一例としては、日本代表選手の専属トレーナー指導の経験を活かし、一人ひとりの身体に合わせたプログラムを解剖学的、生理学的に基づいて作成し、トレーニング以外にも痛みの改善・コンディショニング調整を行うことが得意なトレーナー、あるいは、長年の看護師の経験から、健康には生活の質の維持が不可欠であることを感じ、現在はヨガをツールとした運動療法の指導をし、女性のボディメイクや、高齢者の生活習慣病予防の運動指導に長けている女性トレーナーなどです。

どのような人があなたのトレーナーになったとしても、トレーナーは指導者であると同時に、目標を共有し、励まし支えてくれる頼もしい同志でもあります。
出張パーソナルトレーニングでは、トレーナーを信頼し、二人三脚で行うことが目標達成へとつながっていくでしょう。

 

ランキングはこちら